上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
111-1106_IMG.jpg

琉球ガラスは沖縄で代表される工芸のひとつです。
写真は琉球ガラス村で職人さんたちが、汗を流しながら巧みな技で
ひとつひとつ作り上げている様子を写したものです。

本格的な琉球ガラスは戦後間もない頃、米軍さんたちが飲んでいた
コーラやビールの空き瓶を利用して、色付きのガラスを再生したことが
始まりだそうです。

大きくわけて3つの製法を極めた、職人さんたちの手さばきは見事で、観る者の目を釘付けにしてしまいます。
琉球ガラス村では体験コーナーも設けているので、世界にひとつだけの
自分のオリジナルガラスを作ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
2006.12.18 つつじ祭り
109-0921_IMG.jpg

毎年3月になると、本島北部の東村ではつつじ祭りが開催されます。
朱、紫、ピンク、白の色とりどりのつつじが日本一早く開花。
高台にあるので、色とりどりのつつじの向こうには
青い海がより一層の青さを増して心を和ませること間違いなし。

つつじは約5万本。
「村民の森つつじ園」では期間中、自然体験ツアーやマラソン大会、
芸能交流会も催されるので、来年の3月には是非東村へ。

ちなみに東村はゴルファーの宮里兄妹の出身地でも有名です。
たま~に、各イベントに顔を出すこともあるらしいですヨ。
2006.12.03 ハイビスカス
haibisukasu.jpg

愛称「赤バナー」で知られるハイビスカス。
沖縄の道を歩けばふとした目先に必ず咲いている花です。
亜熱帯だからこそ咲くハイビスカスは、代表的な色こそ
「赤」となっていますが、黄色やピンクといった色もあるのです。
ハイビスカスは植物学的にはアオイ科のブッソウゲという植物ですが
実は大変変異が多く、現在では品種不明のものが多いようです。
もしかしたら道端で咲いているハイビスカスは、世界で唯一の品種かも
しれないんですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。