上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.21 石巌當
i.jpg

ご存知、石巌當
T字路や三叉路の突き当たりのところに設置するのですが、
その理由が"魔物(マジムン)は角を曲がるのが苦手"というところから
来ているそうです。
シーサーに続く沖縄の魔除けとして、お土産にも重宝されています。
石巌當は中国福建省地方から、15世紀の半ば頃伝わりましたが
実は16世紀末には日本本土に及び秋田、青森まで広がったとのこと。

石巌当、石巖當、石敢當と、似たり寄ったりの字が彫られていますが
どれが当たっているのかは不明。
また、「敢當」とは「向かうところ敵なし」の意味だとも
云われていますが、これも不確かであります。
スポンサーサイト
2007.05.14 パイナップル
P.jpg

沖縄の特産品であるパイナップル。
沖縄に来たことのある方なら一度は口にしていることでしょう。
主産地はタイ、フィリピン、ブラジル、インド、アメリカ、ベトナム
などですが、日本では沖縄県が主産地で2002年時点では1万トン。

パイナップルを保存する時は葉の部分を下にして、
冷蔵庫の野菜室に入れておけば2~3日はもつそうです。

ちなみに、酢豚にパイナップルが使われるのは、ブロメラインという
タンパク質分解酵素がお肉をやわらかくしてくれるからです。
2007.05.08 ハブに注意
110-1005_IMG.jpg

そろそろ梅雨入りしようかという沖縄。
気候も暖かいというより暑くなり、ハブが出てくる季節でもあります。
皆さんご存知でしょうが、ハブは猛毒蛇の一種で、
幼蛇でもかなりの猛毒を持っています。
3~6月にもっとも多く、田畑、キビ畑、小川などに出没するので
今の時期は最も注意すべき季節とも言えるでしょう。

もしハブに咬まれたら、すぐに病院に行くことです。
病院に到着するまでの間に、咬まれた傷から血と一緒に
毒を吸い出すことも大切です。
ハブの毒は飲み込んでも害はないのですが、いざとなると結構大変です。
一番大事なのは草むらに入っていかないことでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。