上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.22 ガジュマル
gaju.jpg

沖縄を代表する植物の一つ、「ガジュマル」です。
ガジュマルは熱帯地方に分布するクワ科の植物。
木の根は意外と細いのですが、これが何本も絡まって一つの極太の幹に見えます。
樹木は防風林、防潮樹、街路樹、生垣として、材は細工物として利用されますが、
近年は観葉植物としても人気があるそうです。

沖縄のガジュマルには、「キジムナー」という妖怪が住んでいると昔から伝えられています。
このキジムナーは伝説上の妖怪で、いたずら好きのガジュマルの精霊。
人間と敵対することはほとんどないですが、住みかの古木を切ったり虐げたりすると、
恨みを買い、徹底的に祟られると伝えられています。
キジムナーに気に入られた家は栄え、反対に嫌われた家は滅びるということです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。