上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.22 十六日祭
kyu16niti.jpg

旧暦の1月16日、一般にこの日をグソー(後生、あの世、他界)の正月とする観念があり、
墓に詣でたり、仏壇にお供えをして祖先をなぐさめる日です。
「旧の16日」、「ジュウルクニチー」で通じます。
この行事は、祖先を供養するものとしてはほぼ琉球列島全域に分布していて、
この日が近づくと県内のスーパーでは供えに必要なお餅やお菓子などが店頭に並びます。

通常はお墓に行くのですが、離島など、今住んでいるところとお墓が別々の家庭は
決められた礼拝所(三重城跡地など)に行き、お墓のある方向を向いてお供えします。
写真は海の向こうに向かって重箱に詰められたお供えものを供えているところ。

宮古、八重山ではこの祭りが特に盛んです。
新暦の正月並みに各地から親戚が集まり、帰省ラッシュが起きるそうです。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。